© 2017 by NGO

ゼロ磁場音響免疫療法学会 TEL03-5487-0555

疲れた心臓を助けるゼロ磁場の奇跡  音響免疫療法の急所脊髄から心臓への激しい響きのマッサージは、心臓の鼓動・血管の脈動と同調。運動効果で、鼓動・脈動を即効的に高め、血流を良くします。血液(強磁性鉄イオン)と血管との摩擦熱は血液を温め、ドロドロに汚れた血液をサラサラにし錆を取り除き磁力を高め、血流を良くします。血液は、酸素・ブドウ糖と結合すると酸化作用で錆びて血液をボロボロにします。血液も釘と同じように錆びるのです。赤血球(強磁性鉄イオン)と毛細血管は同じ大きさです。映画・テレビ・音楽の心臓の鼓動・脈動を高める羊水の心臓への響きのマッサージは、血流を高め、赤血球と血管との摩擦熱で血液を温め磁気作用を高めドロドロに酸化した血液をサラサラにし酸化による錆を防ぎます。血管と赤血球との摩擦熱は、血管内皮細胞が活性化、傷ついた毛細血管を若返らせます。腎臓と毛細血管との詰まりが腎不全となり人工透析が必要な体質になります。血液と血管との摩擦熱は腎臓の毛細血管を若返らせ、尿のろ過機能が蘇ります。白内障、緑内障は目の毛細血管障害による網膜症です。糖尿病・高血圧によるドロドロに汚れた血液は、目の毛細血管を傷付け小さな出血を起こし出血した部分が見えなくなります。映画・テレビ・音楽を目で楽しみ目の毛細血管の内皮細胞を若返らせます。白内障・緑内障の皆様から映画・テレビがとてもよく見えるという感謝の言葉を頂いております。

中華医学は糖尿病・高血圧で血液を汚す薬を投与しません。

心臓の鼓動、血管の脈動を強化する心臓への羊水のマッサージは、血液を温め、血流を良くします。毛細血管と赤血球は同じ大きさです。摩擦熱は、血液の磁気を高め、血流を良くします。毛細血管と赤血球(強磁性鉄イオン)の摩擦熱は、磁気を高めドロドロの血液をサラサラにし血流を良くします。 西洋医学は、生命の大切な川:血液、酸素、栄養、水分を細胞に送り届け酸化作用で錆びた血液(三価鉄)を黒鉄(二価鉄)に変える血液循環磁気作用のメカニズムを、研究していません。 人間の血液(強磁性鉄イオン)は5kg、その中で1/3は、脳で消費しています。血液に含まれる鉄イオンは、2700mg、体内に4000mgの鉄分を含みます。血液は、鉄の匂いと味がします。赤い血液は、鉄を主成分とした赤血球(ヘモグロビン)です。血液も「釘」と同じように錆びます。心臓の鼓動、脈動を高める心臓への羊水の響きは、赤血球と毛細血管との血流による摩擦熱で、血液を温め血管内皮細胞を活性化させ、毛細血管を若返らせ血液循環機能を高めます。私達の身体は、心臓の鼓動、脈動による血管と血液との摩擦熱で身体が発熱。血液の磁気発電システムで生命を維持します。血液による磁気フリーエネルギーシステムで生命を維持しています。

糖尿病・高血圧・高脂血症で病院に

行くと薬漬けになり更なる病を招きます

中華人民共和国の中華医学は糖尿病に薬を使いません。西洋医学の病院は、保険制度で、お金儲けの為に糖尿病・高血圧・高脂血症に薬を投与します。薬を投与しない心あるお医者さんは生活できないのです。メディカルコンサルティングと検索すると、多くの医療経営コンサルトが存在します。保険制度の医療行為での利益追求を医師に指導します。医師も患者を利用し、薬漬けの利益を優先しています。糖尿病・高血圧・高脂血症で病院は、薬で治せると信じ当然のように多くの薬を投与します。結果、生命力を弱めるのです。

疲れた心臓の鼓動を血管の脈動を高め血液をサラサラにする羊水の響きに学んだ映画・テレビ・音楽を脊髄から心臓に響かせる視聴ルームを訪問され、体験され楽しまれることをお勧めします。身体の変化が即効的に体験できます。

羊水の響きは 赤ちゃんの腸内温度が39.2℃に

高まり消化酵素が活性化  消化機能を高めます

映画・テレビ・音楽の羊水の響きは、腸内温度が39.2℃に高まります。消化酵素を活性化させると、お肉やケーキを食べても、消化機能が活発になり、余分な脂や糖分の吸収を抑えます。胃の中や腸のちくわの内側は、体の外部と同じ生体外です。胃と腸の内部は外部に晒されています。野菜、肉、魚など食べ物と一緒に細菌、ウイルス、有害物などが侵入します。胃と腸の温度を39℃に高め、消化酵素を活性化、殺菌と消化機能を高めることが大切です。腸管は長いため、体内の免疫細胞の60%が腸に局在しています。腸が低体温に陥ると、免疫力と消化酵素の機能が低下、消化排泄機能が悪くなり便秘になります。老廃物の腐敗が進み、尿、便、汗、おならが臭くなります。腸を39℃に温めると消化機能と排泄機能が高まり、腸を浄化、食物の濾過機能が高まり、毒素を体外に排出浄化します。玄米食や野菜食などの食事療法を進めても腸を39℃に温め消化酵素を活性化しなければ意味がありません。食事療法の基本は腸を39℃に温め消化酵素を活性化させ消化機能を高めることです。

脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、低血圧、糖尿病、腎不全、アトピー、C型肝炎、リュウマチ、痛風、肝硬変、痔、椎間板症、更年期障害、バセドウ病、不妊症、骨粗鬆症

急所脊髄の感覚器官を震わせる羊水の響きに学んだ、映画・TV・音楽の響きの科学は、血液を38℃に温め、血液を浄化、糖尿病・高血圧・高脂血症の血液をサラサラにします。

映画・TV・音楽の「映像を観る」「音楽を聴く」で病を治す、エンターテイメント療法は、薬事法、医師法の範囲にすべきではないとの思いから、医療機器の認定を取らなかったのです。