© 2020 by NGO

ゼロ磁場音響免疫療法学会 TEL03-5487-0555

多くの女性は 胎児期に感じた 羊水の響きを 脊髄で感じると 号泣されます!!

胎児を38℃に温める  羊水の響きは 生きている身体と骨を震わせる 自分の声 空気の音では  胎児は育たない

母親の胎内で 胎児期感じた 羊水の胎児を育てる 母胎音の生命のリズムが 音楽の故郷 胎児を育てない 男性は 女性と比べて 母性愛の 人間性がない
母親の「胎児を38℃温め」「尿で汚れた羊水を浄化」「水分80%細胞」  を育てる  母親の羊水の響きを 世界で初めて  網構造体を震わせ 羊水の水の波紋の響きを  再現しました   

母親の、羊水の脊髄で感じる響きは、20,000〜150,000Hzです。空気の耳の音でなく、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)に響かせ、胎児を育てます。空気の音、20〜20,000Hzでは、胎児は育ちません。生命の危険を伴う、脊髄への響きは、胎児のDNAに、生命の危険信号として記録されています。私たちは、耳ではなく、生命の急所脊髄への響きに感動と興奮を感じるのです。

羊水の波紋の響きは  電子レンジの電磁波と  同じ仲間です

母親は、胎児の体温が、低下すると羊水を増やし、子宮内圧を高め、水の波紋の、響きの波動エネルギーで、摩擦熱を高め、胎児の体温を38℃に温めます。羊水の波紋のエネルギーは、胎児の尿で汚れた、羊水を浄化します。胎児を38℃に温め、羊水を浄化する水の波紋の響きと、電子レンジの電磁波の波紋の響きは、同じ仲間です。お母さんは、安全な電子レンジで胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。歳を重ね、60歳の細胞の水分は50%に減少、しみ、しわの多い、老化した身体となります。羊水の響きに学んだゼロ磁場 音響免疫療法は、老化した60兆個の細胞を、水分80%の赤ちゃん細胞に若返らせます。

親は羊水の響きで、耳でなく、脊髄の感覚器官、中枢反射神経に響かせ、胎児を育てます。空気の音では胎児は育ちません。お母さんの羊水の響きは、胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。羊水の響きは、ドロドロに汚れた血液をきれいにし、脳への血流を良くし、老化する脳細胞を若返らせます。38℃の体温は、熱に弱いがん細胞に勝つ体質にします。

男の子の赤ちゃんが 羊水におしっこをしているところ (テレビで放映されました)

胎児の尿を 浄化する 羊水の響きの 映画・テレビ・音楽は 糖尿病・高血圧で 汚れた血液を 羊水の響きは 浄化します

映画・テレビ・音楽の、脊髄から心臓への羊水の響きは、心臓の鼓動 血管の脈動を高め、血流を良くし、血液(強磁性鉄イオン)と血管との摩擦熱で ドロドロに汚れた血液を浄化、サラサラにし血流を良くし、さらに血液の磁気を高めます。 倍音の響きで、薬を使わず、心臓の鼓動を強化、血液循環機能を高め 糖尿病・高血圧・高脂血症でドロドロに汚れた血液を即効的に浄化します。 病院で検査しデータで確認できます。

1981年、フランスの国立科学研究センター、生物学者 エレーヌ・グルマンと生体エネルギーの研究者 ファヴイアン・ママンは、水の倍音の血液を浄化する身体への低周波の響きを、正常の細胞と、がん細胞に聴かせると、がん細胞が死滅することを発見しました。水の波動の、胎児を38℃に温める響きは、熱に弱いがん細胞に勝てる世紀の発見です。体温を1℃上げると、ウイルスを殺す免疫力が5〜6倍になると、アメリカのアルバード・アインシュタイン医科大学が発表しました。がん細胞が最も活発になるのが、35℃の低体温と言われています。医学の世界では、体温39.2℃に上昇させると、がん細胞が死滅するのは有名な話です。胎児を38〜39℃に温める、母親の羊水の響きは、がんに勝つ、最も優れた自己免疫療法です。

胎児を38℃に温める羊水の響きは  熱に弱いがん細胞を消滅させる